Skip to content

Donegal

après-ski Boots

2021-2022 Winter New Boots 登場!

dubarryからaprès-skiブーツDonegal 「ドニゴール」初登場。
après-ski「アプレスキー」とはスキーの後に仲間が集まって行うパーティの事。日本ではアフタースキーと言われることに近いニュアンスです。極寒の場所でも暖かく、気楽に過ごせるブーツとして開発されました。dubarry定番のミドル丈カントリースタイルに、防寒保温機能を大幅に高めた新しいコンセプトのブーツです。この夏MAKUAKEにて先行販売予定

Walnut
カラーは定番のWalnut。様々なファッションに合わせやすいカラーです。

Donegal
Donegal/ドニゴールの名は、アイルランド北西部の県名でアイルランド語の「外国人の砦」に由来します。

Donegal1

GORE-TEX® Partelana
内側はGORE-TEX®ライナーとふわふわのPartelane素材で暖かい。そして熱を遮断する3層ライナーの中敷きで更に保温性を高めています。

DryFast-DrySoft™
機能性とデザイン性を兼ね備えたDubarryの本革素材は、Dubarryの全商品に使用されている“Dry Fast-Dry Soft”レザーの別名を持つピタード社“WR100Mirapel”レザーを採用。この革は水に濡れることを前提に作られていて、通常のレザーに比べて速乾性に優れ、乾燥後も柔らかさを保ち続けるのが最も大きな特徴です。

防水加工とは異なりますので、長時間の水濡れによって水は浸みこんできますが、乾きやすく固くならない特徴を持っています。表面は撥水性に優れ、このように水を弾き、湿気のみを通す透湿性を持っていて、水を弾くのに蒸れないという二つの特長を兼ね揃えています。
一日中履いて歩いまわっても、革靴のような蒸れを感じることなく快適に過ごす事が出来ます。

ダブルコンパウンドPUラバーを使用したソールは、ショックを吸収し快適に歩くことができます。

Donegal

MADE IN PORTUGAL
Dubarryは1937年の創業時はアイルランドで作られていましたが、2000年代から生産拠点をポルトガルに移し、現在も熟練の職人の手によって作成されています。

オリジナルインソール
Dubarry-Portofinoのインソールは、クッション性と通気性を最優先したオリジナルインソールを使用しています。
このインソールがある事で通気性を格段に上げ、歩行の際の足への衝撃と負担を可能な限り軽減するクッション性を高める効果があります。

Non Slip-Non Marking Sole
全てのDubarryのマリンブーツやデッキシューズに使用されているNonSlip-NonMarking Soleを採用、アウトソールは滑りやすい船のデッキ上を想定して作られていますので、街中で滑りやすい場面に遭遇しても大丈夫です。
この複雑な表面は、Dubarryが長年に渡る経験によって生み出された形状で、滑らないだけでなく、デッキ上で表面を傷つけないように小石が挟まるのを防ぐ為に細かな凹凸になっています。このソールの形状はあらゆるDubarryのマリンシューズに用いられています。