Skip to content

Dubarryソール修理サービス

ソールの張り替えについて
Dubarry社では2004年以降、完全な防水性を実現する為に、
ウレタン素材の射出成型工法を採用しています。
この新しい工法は100%の完全な防水性と高いクッション性を実現する為に
必要不可欠な工法であり、以降Dubarryの品質は格段に上がりました。
ただしこの工法の唯一の欠点は、製造工程と同じ方法で同じ状態に
ソールを修理することが出来ない、
という事です。

そこでDubarry Japanでは、2019年6月より、
Dubarry社の厳格な基準をクリアする国内指定業社と提携、
ミッドソールのウレタンを独自に再現することで
オールソールの張り替えが可能となりました。
アウトソールには可能な限りDubarry純正のアウトソールを使用致しますが、
旧タイプのDubarryの場合、純正ソールが合わない場合も多く、
その場合にはソール専門ブランドである、
ビブラム社のソールを代用させて頂きます。

おことわり
残念ながら、Dubarryの最大の特徴である高い防水性とクッション性等の機能は、
完全に元のレベルに戻すことは出来ません。あくまでもこのサービスは、
「履けない状態のブーツを再び履けるようにする」
という目的を実現する為のサービス、とお考え頂ければ幸いです。

修理のご依頼の際には、まず靴の状態を診断させて頂きます。
診断の結果、傷みの激しいものや旧タイプのものにつきましては、
修理をお断りさせて頂く場合がございます。
それでも、長年愛着のあるブーツをどうしても履きたいという方は、
防水機能を諦めて頂ければ、頑丈に縫い合わせる従来の修理工法も可能ですので、
用途に応じてお気軽にご相談下さい。

修理依頼の手順
①ご依頼(修理依頼書と共に靴を発送)
②弊社にて診断
③修理可能であれば見積り/不可であれば対応をご相談
④修理期間中に代金のお支払い
⑤修理完了後、納品

オールソール張り替えサービス
ソール張替代金:22,000円(税込)
納期:30~45日(シーズンにより多少お時間を頂く事がございます)

修理依頼書はこちらからダウンロードお願いいたします。